カード破産とは?

クレジットカードは便利なツールです。しかしクレジットカードを使っているうちに支払いができなくなって自己破産の手続きを取らざるを得なくなった人が増えているようです。こういったカード破産とはどういったものなのでしょうか。

自己破産というのは借金の返済ができなくなった場合に、裁判所の判断によって全ての借金(債務)を帳消しにする手続きのことです。債務が免除になる代わり、自分が所有している財産は手放さなければならないなどのデメリットがあります。

クレジットカードで使ったお金の返済が不可能になるケースというのは、利用金額が増え過ぎて支払いが追いつかなくなってしまったり、リストラに合うなど収入が得られなくなり支払えなくなった、という原因があげられます。

カード破産はどんなときに起こる?

カードには利用限度額があるので、カードさえあればいくらでも高額な買い物ができるわけではありません。しかしカードを複数持っており、もしどのカードも限度額いっぱいまで使っていればどうなるでしょう。合計すればひと月のカード請求額は高額になってしまいます。

こういった「多重債務」が破産へとつながってしまうのです。限度額内で無理のない範囲で利用していれば、こういったトラブルを起こすことは防げるでしょう。あくまでもカードは計画的に利用するのがのぞましいのです。

破産が決定すると、市町村役場の破産者名簿に掲載される、ローンやクレジットが使えなくなる、住所の移転や資格の制限などといったさまざまなデメリットを受けなければならなくなります。こういった事態に陥らないように十分気をつけたいものです。